本文へスキップ

ニキビ跡の種類について

ニキビ跡の種類

●ニキビ跡はいろいろ

3種類のニキビ跡ニキビ跡と一口に言ってもニキビ跡にはいろいろな種類があります。

たとえば、ニキビ跡には主に以下の3種類のニキビ跡があります。

1.茶色のニキビ跡
2.赤みを帯びたニキビ跡
3.クレーターとなっているニキビ跡

茶色のニキビ跡の場合には、一般的な傷痕のシミと同じような状態となります。

赤みを帯びたニキビ跡の場合には、長い年月をかけることで、綺麗に戻ることもあるとされていますが、炎症などが残ってしまっている場合となっていることが多数あります。

赤みを帯びている場合には、ニキビが出来やすい状態であることが多いのが特徴です。

クレーターとなってしまっているニキビ跡の場合には、自分自身でニキビ跡を消すことは難しいと言えるでしょう。

コラーゲンがその部分で死滅してしまっている状態となりますので、クレーターを治すためには、美容整形外科などを受診する必要があります。

茶色のニキビ跡や、赤みを帯びたニキビケアは自分の努力次第で、ケアすることが可能となりますので、ホームケアを怠らないようにすることが大切です。

ケアの方法は様々ですが、正しいスキンケアが改善の近道であると言えます。