本文へスキップ

ニキビ跡の影響

ニキビ跡が残ると人はどう変化するのか?

●精神的なダメージとその他の損失

自信をなくした女性ニキビ跡。

これは予想を超える恐怖の存在です。

ニキビ跡は、大きさにして10円玉ほどもありません。

そう、小さい。米粒ほどの大きさかもしれません。

しかし、そんな小さなニキビ跡であってもわたしたち人間には大きなマイナス影響を与えてしまいます。

たとえば自信。自分に対する自信です。

シミのように跡に残ってしまうことで、たとえ小さくても自信を失ってしまう場合があります。

たかが小さな免責の変化だけなのにヒトは悪く変化します。

人に対して堂々と目をあわせられない。

はずかしくて人前に出てくない。

そんな風に人を変えてしまう怖さがニキビ跡にはあるわけです。

そうなんです。怖いです。ニキビは。

また、ニキビ跡がわたしたちに与える影響はは精神的なダメージだけではありません。

顔にたくさんのニキビ跡ができていると、化粧で隠すことが大変となります。

時間まで奪うわけです。

また、背中やデコルテにたくさんのニキビ跡があると、好きなファッションを楽しめなくなることでしょう。

そう。楽しみまで奪うのです。

お尻や腰などに多くのニキビ跡ができてしまうと、水着になることに抵抗を感じるようになってしまいます。

すでにニキビができにくい肌となっている場合でも、ニキビ跡は、長い間残り続けますから、女性の場合には特にニキビ跡には気を配ることと思います。

普段は隠すことができる部分であっても、クレーターとなってしまっているニキビ跡の場合には、消すことが困難となります。

ニキビ跡により自分に自信が持てなくなってしまう人も少なくありません。むしろ、自信がなくなるのが普通の人。平気でいられるヒトは異常とも思えます。

ですから、ニキビが出来やすい人は、できるだけニキビ跡を残さないように対策をとることが必要となります。

最後におすすめの医薬部外品をご紹介しておきます。

これです。メルライン